熱帯魚から水草まで総合熱帯魚関連をご案内します。




メインメニュー
 熱帯魚
 水草
 飼育機具
 エサについて
 底砂・砂利

熱帯魚
 ビーシュリンプ
 アロワナ
 ダトニオ

水草
 ウィロモス
 アマゾンフロッグピット
 ヒメボタン
グロッソスティグマ

飼育器具
 ろ過器具
 水槽
 照明機器
 エアポンプ
 ヒーター
 サーモスタット
 クーラー


エサについて
 生きエサ
 配合飼料


底砂・砂利
 砂利
 ソイル

BLOG LINK
 旅ログ
 Tool Shed B
 地域ブログ
 BLUE SEVEN SHOP blog
SITE LINK
LUXY ATV
 BLUE SEVEN ATV
 WiMAX情報サイト
ビーシュリンプ情報サイト
熱帯魚情報サイト

Android情報サイト
旅情報サイト

播磨エリア情報サイト

 ポータル情報サイト
■南米ウイロモス成長過程 3日目

照明 30ワット蛍光灯×2灯
    20ワット蛍光灯×2灯

ろ過器 外部ろ過(パワーボックス90)

底砂 AQA Soil Amazonia(ADA)

CO2添加有り(自然発酵式)

液肥有

固形肥料(水槽立ち上げ時に底砂に添加)

水温 25〜29℃前後(Tetra クールボックスCX−60にて保冷)

 

水槽立ち上げ3日目の南米ウイロモスです。

薄い鮮やかな緑の新芽が少しずつ伸びてきました。
まだ3日目なので活着もしていません。

アマゾンチドメグサからは常時酸素の泡が見えますがウイロモスからは酸素は出ていないようです。

ですが新芽が出ているのでこのまま放置して様子をみます。

立ち上げ当初はこちら
7日目